見えない所もしっかりと ~当院の院内感染対策~

川口市歯医者「デンタルクリニックK」では、安心して治療を受けていただくために、院内感染対策に力を入れています。

一般の歯科医院できちんとした院内感染対策を行なうには、様々なハードルを超える必要があります。例えば、大きな病院であれば中央材料室と呼ばれる専門の部署がありますが、歯科ではスタッフが感染制御業務を兼任せざるを得ません。また、多数の器材導入やマニュアルの策定、また定期的なトレーニングが必要となります。さらに、それは直接コストに跳ね返ってきますが、現在の健康保険制度ではその点が十分に担保されているとは言えないのが現状です。

安全な環境で治療する…ごく当たり前のことなのですが、これを実現するためには様々な取り組みが必要なことを、ぜひ患者様に知っていただきたいと考えています。

なお、近年ずさんな衛生管理が原因で患者さんが被害にあった事例も報告されていますが、当院においてはもちろん心配無用です。

世界水準の「水」「空気」「洗浄・滅菌」

キレイで安心な
「水」のために
キレイで安心な「水」のために
安全で快適な
「空気」のために
安全で快適な「空気」のために
確実な
「洗浄・滅菌」のために
確実な「洗浄・滅菌」のために

歯科治療に「水」は必要不可欠ですが、当院では院内すべての場所で安全で衛生的な「電解中性機能水」を使用しています。

また治療では特性の異なる「電解酸性機能水」と「電解アルカリ性機能水」も併用し、万全の体制を整えています。

歯科業界において治療水の微生物汚染は以前から問題になっていましたが当院のような根本的対策を行っている歯科医院は非常に少ないのが現状です。

歯科治療では様々なところで圧縮空気を用いますが、当院では「空気」の質にまでこだわっています。

院内では食品工場に求められる規格をクリアした安全な圧縮空気(油分なし 水分なし 細菌なし)を使用しています。

また、口腔外バキュームを使用することで、切削時に口の中から発生する粉じんや細菌、また不快な臭いを集塵し、安全で快適な院内環境づくりを徹底しています。

欧米では、歯科用器材洗浄機とクラスB滅菌器の組み合わせでなければ、確実な滅菌処理ができないことは常識です。

しかし、日本で両方を設置している歯科医院は数%というのが現状。つまり、日本の歯科医院では「欧米の基準を満たした洗浄・滅菌処理ができる施設はほとんどない」ということになります。

一般的に器材の洗浄や滅菌は患者様の目に触れない場所で行われます。だからこそ、当院では手を抜かずに細心の注意を払い、最高の衛生状態を追求しています。

キレイで安心な水のために
ポセイドン
ポセイドン 電解中性機能水の生成装置です。
この装置を水道管の大元に設置することで、中性でありながら次亜塩素酸濃度が高く、水道管やユニットの中にバイオフィルム(細菌の塊)ができることを予防します。またその高い殺菌力により、治療成績の向上も期待できます。当院では院内のすべての場所で電解中性機能水を使用することができます。
EO-003
EO-003 電解酸性機能水(EO水)と電解アルカリ性機能水を生成する装置です。当院では「酸性」「中性」「アルカリ性」の電解水を治療内容に応じて使いわけています。
安心で快適な空気のために
ウィスバーシルフ
ウィスバーシルフ 通常の歯科用コンプレッサー(圧縮空気を生成する機器)とは違い、食品製造業の食品衛生基準「JIS1.6.1」をクリアした安全なエア(油分・水分・細菌感染なし)を供給できる特別なコンプレッサーです。クリーンな圧縮空気を使用することで、治療成績の向上も期待できます。
フリーアームフォルテ
フリーアームフォルテ 空気中に飛散した歯の削りカス・血液・細菌などを含むエアロゾル(空気中に飛散した微細な液体・固体の粒子)を吸引する、口腔外バキュームです。診療スペースの空気汚染を防止します。
確実な洗浄・滅菌のために
ミーレ ジェットウォッシャー
ミーレ ジェットウォッシャー 治療器具をすみずみまで洗浄する、ウォッシャーディスインフェクターと呼ばれる機器です。予備洗浄で感染の原因となるたんぱく質を除去した後、93度のお湯で10分間洗浄することで、ほぼすべての細菌を殺滅することができます。院内感染防止に効果を発揮します。
クラスB オートクレーブ リサ
オートクレーブ Lisa 小型滅菌機のヨーロッパ基準「EN13060」をクリアしたクラスBオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。現在では上記のウォッシャーディスインフェクターと、このような細かな器具の内部まで滅菌できるクラスB オートクレーブの組み合わせでなければ確実な器材洗浄・滅菌は不可能だと考えられていますが、我が国で両方を設置している歯科医院は数%です。

デンタルクリニックKの  院内・医院情報・アクセスはこちらから

PAGE TOP